HOME >> タンクローリー車 廃車 買取・売却 (廃車にする前に)

タンクローリー車 廃車 買取・売却(廃車にする前に)

あなたのトラック・重機を確実に最高査定額で買取してもらう唯一の方法

いますぐ1分、概算価格も即査定!不動車でも買取OK!査定額が下がる前に!
これが、買取ゼロ円のトラックをお金にする最高の方法です。
>>トラック買取・カンタン&無料の高額速攻査定!

トラック買取業者ランキング
廃車はちょっと待って!特殊車両は高額買取が見込めます!


タンクローリー車の廃車について

タンクローリー車の廃車について事故車両や過走行車など、一般的にもう乗れなくなってしまった車は、ディーラーで下取りに出したり、個人で廃車手続きを取るかと思います。
新車に買い替える時などに廃車手続きを取ることが多いでしょうが、解体業者に運ばれた車両がどのような流れで解体されるかご存知でしょうか。

トラックなどの車両を実際に廃車にする工程には、定められた手続きに従い、フロンガス・廃油・バッテリー・燃料等を放置しない、環境に配慮した再資源化としての廃車作業を行う必要があります。
車両の廃車作業の大まかな流れは以下のようになります。

廃車作業の流れ

1、フロンガスを抜く
フロンガスを回収します。
業者によっては、この作業を2回繰り返します(2度抜き)

2、廃油を抜きます
・ブレーキパイプからブレーキ油を吸引します。
・同時にエンジン・ミッション・デフ等のオイルを自然落下で回収します。
・クーラント液・エンジン・ミッション・デフ等のオイルを自然落下で回収します。
・パワーステアリング・ブレーキマスターシリンダー・クラッチシリンダー油を吸引回収します。

3、バッテリー回収
バッテリーを回収します。

4、燃料タンクを取り外し燃料を回収します
燃料タンクを取り外し燃料を回収します。

5、車をプレス
車をプレスし、全部再資源化になります。

車両のリサイクルについて

また、平成17年1月1日から施行された「自動車リサイクル法」によって、乗用車、商用車(キャブ付シャシー)と一部の架装物がリサイクル法の対象になりました。
冷蔵・冷凍バン、タンクローリー、車両運搬車、車両運搬トレーラ、配電工作車はリサイクル法の対象外となっていますが、架装物のリサイクルに対しては積極的に取り組む業車も増えてきました。

特殊車両は廃車より買取査定へ

特殊車両は廃車より買取査定へタンクローリーなどのトラックなどの車両に架装物がある特殊車両は、解体するのにも特別な作業が必要となります。
そのため、廃車を考えているのであれば、まず許可を受けている解体業者に依頼することが重要です。
産業廃棄物の処理などを適切に行える業者でないと、所有者にまでご迷惑がかかる場合があります。

そのため、タンクローリーなどの特殊車両を廃車にする場合には、個人での廃車手続きを行うよりも専門業者へ依頼した方が手続きが簡単でしょう。

また、このような特殊車両はなかなか市場に出回らないため、高額査定が見込めます。
たとえ廃車にするしかにないような車両だとしても、車両はパーツごとに再利用が可能となりますので、廃車にする前に専門買取業車へ査定に出すことをおすすめします。

トラック買取業者ランキング
廃車はちょっと待って!特殊車両は高額買取が見込めます!



■関連記事
重機の買取と売却
低年式や過走行のトラックが売れるワケ
大型トラックの買取と売却
ローン返済中のトラックの買取
ディーラーや買取店ではトラックは高く売れない2つの理由
驚くほどの高額で買い取ってくれる!
どんなトラックでも買取可能
トラック売却・高く売るために
トラックの廃車について
日本全国どこでも買取
事故履歴があっても買取してもらえる?
ゼロといわれた車両でもインターネットで査定を
車検切れしているトラックの買取
優良な専門買取店選びのポイント

あなたのトラック・重機を確実に最高査定額で買取してもらう唯一の方法

いますぐ1分、概算価格も即査定!不動車でも買取OK!査定額が下がる前に!
中古車販売店で査定0円と言われたトラックも、一流業者が安心査定。
>>トラック買取・カンタン&無料の高額速攻査定!

ミキサー車の買取・売却

ミキサー車の買取・売却について。ここ数年、日本ではミキサー車は人気が落ち込んでいました。しかし、最近では震災復興の建設や、五輪開催による効果によって、再び業者間での需要が高まっています。また海外ルートにおいては、特にインドネシアやフィリピンなどアジア近郊の諸外国で、日本製のコンクリート・ミキサー車は買い手がいるのです。
>>次の記事へ