HOME >> 重機買取・売却(廃車にする前に)

重機買取・売却(廃車にする前に)

不要になった重機は、その多くが処分されてしまうのですが、専門の買取業者であれば重機も売却可能です。

せっかく売るのであれば出来るだけ高額で買取ってもらいたいものですが、高値で買取ってもらうためには、いくつかポイントがあります。

トラック買取業者ランキング
廃車はちょっと待って!特殊車両は高額買取が見込めます!


あなたのトラック・重機を確実に最高査定額で買取してもらう唯一の方法

いますぐ1分、概算価格も即査定!不動車でも買取OK!査定額が下がる前に!
これが、買取ゼロ円のトラックをお金にする最高の方法です。
>>トラック買取・カンタン&無料の高額速攻査定!

重機の売却・高額買取のポイント

1、重機を清掃する
重機を清掃する重機をより高額で業者に買取ってもらうポイントですが、まずはキレイに清掃することです。

現場で使用する重機は性能第一と考えがちですが、実は見た目の美しさや清潔度も重要な要素になります。

すぐに出来る清掃としては、「重機を雑巾などで拭く」こと、「泥汚れやサビを落とす」こと。
これだけでも重機の査定額は変わってきます。

見た目がキレイになると買取業者への印象が良くなるだけでなく、大事にしてきたのだろう、という印象から性能に対する評価も高くなります。

性能だけではなく心象も総合されて、重機の買取と売却価格は決定するのです。

2、買取強化機種を狙う
重機買取専門業者は、全国に多数存在しています。中には特定のメーカーや特定の重機に強い業者もいれば、現在「○○という重機を探している」という業者もいます。

これは販売先からのリクエストがあって探している場合です。

他には、地域によって特定のメーカーが好まれるなど、販売先が確保出来ていることもあり、特定重機をピックアップして「買取強化」を行っている業者は多いです。

重機をより高額で売りたい場合は、こうした業者の「買取強化メーカー」や「買取強化機種」を狙ってみるのも一つです。

3、売買時期を逃さない
実は重機にも、一般車などと同じように「高値で売却できる時期」が存在します。

中古重機は年度末に活発に売買されるケースが多いため、年度末の商戦期に向け、年末から年初にかけての買取が盛んになります。

重機の機種によっては当てはまらない場合もありますが、この時期を知っておけば、高値で取引を行うための交渉手段や売却計画の一つの目安になるかと思います。

4、整備・動作確認をしっかりと行う
売却する重機の状態たとえ中古の重機であっても、売却前に機械整備や動作確認をしておきましょう。

お金を払って整備に出すまでの必要はありませんが、できる範囲での確認を行い、売却する重機の状態を把握しておくと良いです。

きちんと把握していることで、日頃のメンテナンスについても買取業者へアピールできます。

取引相手が同じ人間である以上、買う側の気持ちになることは、決して損にはなりません。

5、見積もりは出来るだけ多くとる
やはり高額査定を目指すのであれば、出来るだけ複数の業者に査定を依頼する方が有利です。

先に書きましたとおり、強化している機種が業者によって異なる場合もありますし、海外への再販経路も業者によって違います。

ある業者では低査定でも、別業者なら高値で売れるということは十分にありえるのです。

中には買取価格が付かなかった重機も、別の業者なら比較的高値で買取ってもらえたというケースも存在します。

状態に関わらず、出来るだけ多くの業者に査定を依頼し、見積りをとることをおすすめします。

2社以上を競合させることによって、より高額での買い取りが実現します。


トラック買取業者ランキング
廃車はちょっと待って!特殊車両は高額買取が見込めます!



■関連記事
重機の買取と売却
低年式や過走行のトラックが売れるワケ
大型トラックの買取と売却
ローン返済中のトラックの買取
ディーラーや買取店ではトラックは高く売れない2つの理由
驚くほどの高額で買い取ってくれる!
どんなトラックでも買取可能
トラック売却・高く売るために
トラックの廃車について
日本全国どこでも買取
事故履歴があっても買取してもらえる?
ゼロといわれた車両でもインターネットで査定を
車検切れしているトラックの買取
優良な専門買取店選びのポイント

あなたのトラック・重機を確実に最高査定額で買取してもらう唯一の方法

いますぐ1分、概算価格も即査定!不動車でも買取OK!査定額が下がる前に!
中古車販売店で査定0円と言われたトラックも、一流業者が安心査定。
>>トラック買取・カンタン&無料の高額速攻査定!

油圧ショベルの買取と売却

油圧ショベルとは、様々な工事現場で使用される自走式の建設機械(重機)のことです。他にもショベルカー・ドラグショベル・バックホー・パワーショベル・ユンボなど、多くの呼称があります。需要ニーズが高まっている今なので、できるだけ多くの業者に見積もりを取り、高額査定につながるようにしたいですね。
>>次の記事へ