HOME >> トラックパーツ買取・売却(廃車にする前に)

トラックパーツ買取・売却(廃車にする前に)

あなたのトラック・重機を確実に最高査定額で買取してもらう唯一の方法

いますぐ1分、概算価格も即査定!不動車でも買取OK!査定額が下がる前に!
これが、買取ゼロ円のトラックをお金にする最高の方法です。
>>トラック買取・カンタン&無料の高額速攻査定!

中古車としてだけではない、車両買取の理由

トラックなどの車両買取には、その後も中古車として販売されることが目的の場合がほとんどですが、中古車としての目的だけではなく、たとえば廃車同然の車両でも、実際には買取が行われることがあります。

廃車同然なので、大抵が故障車や事故車で、すでに動かなくなってしまったり、運転すること自体難しい状態になってしまっている車でも買取してもらうことは可能です。

車両パーツの買取需要

トラックパーツ買取・売却では、なぜもう走行することができない、車両として流通させることが困難なものを買取るのでしょうか?

実は、廃車予定の車両が買取られるのには、パーツの販売を目的としているからなのです。車両の解体が行われた後の、これから製造される新しい自動車に関わる必要なパーツとして販売需要が発生するのです。

中には完全なる修理を行い、再び運転出来る中古車にして市場に投入されるパターンもありますが、そのためには大規模な修理や整備が欠かせないものとなり、その車両を買取った以上のコストがかかることは間違いありません。

そのため、こうした車両は、走行可能にするよりも必要部分だけを取り出し、供給を行う目的で買取られることが多いのです。

自動車製造に必要なパーツというのは、それだけで高く売れることもあるので、廃車当然になってしまった車でも需要がたえずあるということになります。

海外での車両パーツ需要

海外で走る日本のトラック経済産業省の試算によると、日本からの中古車輸出台数は年間100万台を突破しています。

海外における日本の中古車需要が拡大する一方で、その修理やメンテナンスに必要なパーツの需要も拡大しています。

日本車が海外で使用されているということは、現地で発生した損害車の修理に必要なパーツが調達できないことがしばしば起こり得るからです。

これらの損害車に対して、廃車やスクラップ車両から使用できるパーツを取り外し、パーツ需要のある国々へ販売します。

また昨今では、モーターオイルなどの消耗品類に対する海外の需要も増えてきており、パーツだけでの販売需要は今後も伸びる市場でしょう。

このように中古車としてだけではなく、最初から車両パーツを目的として積極的な廃車買取りを行う業者もいます。

特にトラックなどの大型車両は、パーツがあまり出回らないために、車両によっては希少価値も高く、買取値も期待できます。

ですので、たとえ行き場がなく、もう廃車にせざるを得ないという車両であったとしても、売却できる可能性は十分ありますので、まずは専門買取業者へ見積もりを出してみましょう。

当サイトでご紹介している業者は全てインターネットでパーツの無料見積もりを行っています。

是非一度無料査定を受けてみることをおすすめします。意外な高値に驚くことになるかもしれません。

トラック買取業者ランキング
パーツの無料見積もりはこちらから!!


■関連記事
低年式や過走行のトラックが売れるワケ
大型トラックの買取と売却
ローン返済中のトラックの買取
ディーラーや買取店ではトラックは高く売れない2つの理由
驚くほどの高額で買い取ってくれる!
どんなトラックでも買取可能
トラック売却・高く売るために
トラックの廃車について
日本全国どこでも買取
ゼロといわれた車両でもインターネットで査定を
車検切れしているトラックの買取
事故履歴があっても買取してもらえる?
優良な専門買取店選びのポイント

あなたのトラック・重機を確実に最高査定額で買取してもらう唯一の方法

いますぐ1分、概算価格も即査定!不動車でも買取OK!査定額が下がる前に!
中古車販売店で査定0円と言われたトラックも、一流業者が安心査定。
>>トラック買取・カンタン&無料の高額速攻査定!

トラック中古車 事故車

近年では事故を起こした車両・トラックでも売れるようになってきたのです。事故車には、一般的な事故車、壊れて動かなくなった不動車など、いわゆるダメージカー、水没車、火災車、過走行車、廃車などが挙げられます。
>>次の記事へ