HOME >> トラック廃車手続き

トラック廃車手続き

廃車にするしかないほどの事故車両、長期使用により役目を終えたトラックは、解体の手続きが必要となります。

この手続きは、一般的には、買取業者や解体業者に代行してもらうことが多いと思いますが、中には外部へ依頼すると費用がかかるという理由で、個人で手続を行なうという方もいらっしゃいます。

トラックの廃車手続きは、一時抹消登録にするのか永久抹消登録にするのかにより廃車の手順が異なるので注意してください。

あなたのトラック・重機を確実に最高査定額で買取してもらう唯一の方法

いますぐ1分、概算価格も即査定!不動車でも買取OK!査定額が下がる前に!
これが、買取ゼロ円のトラックをお金にする最高の方法です。
>>トラック買取・カンタン&無料の高額速攻査定!

「廃車」とは?

廃車とは、自動車やトラック本来の用途(人や貨物の運搬)における使用をやめ、車籍を抹消し廃棄することを言い、自動車の所有者が「抹消登録」と呼ばれる手続きを行なうことでナンバープレートが取り外されて、その車両は「廃車扱い」になります。

抹消登録について

トラックの抹消登録抹消登録には「一時抹消登録」「永久抹消登録」の二種類があります。

■一時抹消登録
車両は残しますが、ナンバープレートを返却するため公道を走ることはできなくなります。
残した車両については、今後別の所有者が使用のため、再登録をする可能性があります。

■永久抹消登録
すでに解体済みであったり、水害や事故により自動車やトラックが使用できない状態の時に行なう登録で、解体業者が運輸局に解体報告を出してから15日以内に申請する手続きのことです。
そのため、トラックの廃車を指す場合には、この永久抹消登録のことを指します。解体するため、トラックはスクラップとなります。

一時抹消・永久抹消の手続きについて

一時抹消登録証明書■一時抹消登録手続きの流れ
抹消登録に必要書類を一式用意して、管轄の陸運局へ行きます。
ナンバープレートは返却するので前後2枚外しておき、「一時抹消登録をしたい」と窓口で担当者に伝える際に、必要書類と一緒に提出します。

申請に関する書類を陸運局でもらったら、記入例を参考にしながら作成し、手数料印紙を貼り付けたら再度窓口に書類を出しましょう。

「一時抹消登録証明書」が発行されたら、一時抹消登録の廃車は終了です。

もし、もう一度車両に乗る時が来れば、その際には一時抹消登録証明書が必要となりますので、大事に保管してください。

■永久抹消登録手続きの流れ
ナンバープレートを2枚外し、陸運局に行く前に、まず解体業者に行って車をスクラップしなくてはなりません。
解体が済んだら陸運局へ出向きます。

解体業者から通達された「確かに解体した」という「解体に係る移動報告番号」「解体報告記録日」を申請書に記入して印鑑証明と共に出しましょう。

最後に陸運局から「廃車証明書」が渡されたら終了です。
廃車手続きが終わったら「自動車税の停止手続き」も済ませ、税金が引き続き請求されるのを防ぎます。

一時抹消・永久抹消、どちらの登録手続きをする場合でも、個人で登録を行うよりトラック買取業者に依頼した方が、事前に用意する書類も少なく、場合によっては車両も買取ってもらえるので手続きとしては比較的簡単と言えます。

なお、抹消登録を行なったトラックに車検が残っていた場合、月割で換算した自動車税が還付されます。
この自動車税の還付には特別な手続きは必要ないため、後日、詳細が書かれた知らせが送られてきます。

永久抹消登録を行った場合には自動車重量税も還付されます。
こちらは、永久抹消登録申請にて還付の有無を選択することが出来ます。

トラック買取業者ランキング


■関連記事
トラックの廃車に必要な書類
トラック・重機を買取してもらう際に必要な書類
タンクローリー買取・売却
低年式や過走行のトラックが売れるワケ
大型トラックの買取と売却
ローン返済中のトラックの買取
ディーラーや買取店ではトラックは高く売れない2つの理由
驚くほどの高額で買い取ってくれる!
どんなトラックでも買取可能
トラック売却・高く売るために
トラックの廃車について
日本全国どこでも買取
ゼロといわれた車両でもインターネットで査定を
車検切れしているトラックの買取
事故履歴があっても買取してもらえる?
優良な専門買取店選びのポイント

あなたのトラック・重機を確実に最高査定額で買取してもらう唯一の方法

いますぐ1分、概算価格も即査定!不動車でも買取OK!査定額が下がる前に!
中古車販売店で査定0円と言われたトラックも、一流業者が安心査定。
>>トラック買取・カンタン&無料の高額速攻査定!

トラック買取査定について

中古トラックの買取査定は、一体どこを見て判断しているのでしょうか。買取をお願いするときに最低額が決まってくるポイントでもありますので、気になる方もおいのではないでしょうか?
>>次の記事へ