HOME >> トラックの廃車に必要な書類

トラックの廃車に必要な書類

トラックを廃車にするにはどのような書類が必要になるのか確認しておきましょう。

あなたのトラック・重機を確実に最高査定額で買取してもらう唯一の方法

いますぐ1分、概算価格も即査定!不動車でも買取OK!査定額が下がる前に!
これが、買取ゼロ円のトラックをお金にする最高の方法です。
>>トラック買取・カンタン&無料の高額速攻査定!

廃車手続きについて

トラックの廃車手続き「廃車にする」ということはつまり、ナンバープレートと車検証を返納するということです。

この廃車にする手続き、すなわち抹消登録には「一時抹消登録」「永久抹消登録」の二種類があり、一時抹消登録の場合、車両は残しますがナンバープレートを返却するため公道を走ることはできなくなります。

一時抹消か永久抹消かによって、また、所有者本人が廃車手続きを行う場合と、他人(所有者以外)が手続きするかによっても、必要書類が変わってきますのでご注意ください。

1、【所有者が行う】一時抹消登録に必要な書類一覧
・ナンバープレート(前後2枚)
・自動車検査証(車検証)
・所有者の印鑑証明、実印
・リサイクル券(発行していない場合)
・手数料納付書
・一時抹消登録申請書
・自動車税・自動車取得税申告書(地域によっては不要の場合もある)

2、【所有者以外(業者等)が行う】一時抹消登録に必要な書類一覧
・ナンバープレート(前後2枚)
・自動車検査証(車検証)
・所有者の印鑑証明、実印
・リサイクル券(発行していない場合)
・所有者の委任状(所有者の実印を押印したもの)

3、【所有者が行う】永久抹消登録に必要な書類一覧
・移動報告番号
・解体報告記録
・ナンバープレート(前後2枚)
・自動車検査証(車検証)
・所有者の印鑑証明、実印
・リサイクル券(発行していない場合)
・自賠責保険証明書
・身分証明書
・手数料納付書
・永久抹消登録申請書
・自動車税・自動車取得税申告書(地域によっては不要の場合もある)

4、【所有者以外(業者等)が行う】永久抹消登録に必要な書類一覧
・移動報告番号
・解体報告記録
・ナンバープレート(前後2枚)
・自動車検査証(車検証)
・所有者の印鑑証明、実印
・リサイクル券(発行していない場合)
・自賠責保険証明書
・身分証明書
・所有者の委任状(所有者の実印を押印したもの)


手数料納付書、永久抹消登録申請書及び解体届出書、一時抹消登録申請書、自動車税・自動車取得税申告書については、抹消手続き当日に準備して構いません。

また、営業車として使用していた場合(法人)は、陸運局の運輸支局に行って、先に減車手続きを行ないます。ただし、減車は、各都道府県の代表の陸運局でないと出来ませんので注意してください。

トラックの車検証 【減車用】必要な書類一覧
・法人書類「事業用自動車連絡書」1通
・法人書類「一般貨物自動車運送事業の事業計画変更届書と別紙」2通×2セット(種別ごと数・変更する自動車の明細・減車予定日・車庫の必要面積を記載)
・法人書類「手数料納付書」1通
・減車予定車輌の自動車検査証の原本又はコピー




※注意:自動車検査証と印鑑証明の住所が異なる場合
引越しなどで「車検証」と「印鑑証明」の記載住所が異なる場合には、別途住民票の添付が必要です。(2回以上住所が変更されている場合には、戸籍の附表が必要)

住民票・戸籍の附表のどちらも、市役・区役所等で取得できます。法人の場合は法務局で取得します。

※注意:ディーラー・信販会社等の所有になっっている場合
トラックをローンで購入した場合やリース契約している場合には、車の所有者がディーラーや信販会社になっっている場合があります。その場合には、廃車手続きの前に、所有権解除手続きが必要となります。

トラック買取業者ランキング


■関連記事
トラック・重機を買取してもらう際に必要な書類
タンクローリー買取・売却
低年式や過走行のトラックが売れるワケ
大型トラックの買取と売却
ローン返済中のトラックの買取
ディーラーや買取店ではトラックは高く売れない2つの理由
驚くほどの高額で買い取ってくれる!
どんなトラックでも買取可能
トラック売却・高く売るために
トラックの廃車について
日本全国どこでも買取
ゼロといわれた車両でもインターネットで査定を
車検切れしているトラックの買取
事故履歴があっても買取してもらえる?
優良な専門買取店選びのポイント

あなたのトラック・重機を確実に最高査定額で買取してもらう唯一の方法

いますぐ1分、概算価格も即査定!不動車でも買取OK!査定額が下がる前に!
中古車販売店で査定0円と言われたトラックも、一流業者が安心査定。
>>トラック買取・カンタン&無料の高額速攻査定!

トラック廃車手続き

廃車にするしかないほどの事故車両、長期使用により役目を終えたトラックは、解体の手続きが必要となります。この手続きは、一般的には、買取業者や解体業者に代行してもらうことが多いと思います。
>>次の記事へ