HOME >> トラックの廃車

トラックの廃車

トラック買取業者ランキング
廃車はちょっと待って!トラックは高額買取が見込めます!


あなたのトラック・重機を確実に最高査定額で買取してもらう唯一の方法

いますぐ1分、概算価格も即査定!不動車でも買取OK!査定額が下がる前に!
これが、買取ゼロ円のトラックをお金にする最高の方法です。
>>トラック買取・カンタン&無料の高額速攻査定!

トラックを廃車にする前に

廃車寸前のトラック廃車寸前のトラックがあれば、とりあえずトラック専門買取業者に買取してもらえるかどうか確認してみましょう。お金をもらって廃車にすることができます。

高額買取をしてくれる大手の専門業者に廃車を申し込むことが肝要です。
全国対応、独自の販売ルート、海外へ輸出対応可能。この三つの条件をおさえている業者を選ぶのが、廃車のトラックでも高価買取してもらえるポイントになります。

廃車の手続きも代行してくれたり、不明な点は相談できたり、聞いたりできますので、便利です。

廃車の登録は二通り
  1. 永久抹消・・・永久抹消は「二度と車に乗らずスクラップにする」という意味で、本当の廃車の届け出になります。
  2. 一次抹消・・・もう一度この車が登録されるかもしれない、という意味の届け出です。
トラックの場合
  1. トラックの廃車の手続き自動車車検証(車検証)
  2. 自賠責保険証(車検切れの場合は不要)
  3. 印鑑証明(3ヶ月以内のもの)
  4. 委任状(一時抹消用)
  5. 譲渡証明書
  6. 重量税還付申請用委任状(永久抹消用)
自動車重量税の還付制度とは
自動車リサイクル法に基づき、使用済み自動車が適正に解体され、解体を事由とする「永久抹消登録」または「解体届出」と同時に申請が行われた場合、車検残存期間相当額の自動車重量税が還付される制度です。
商品車として仕入れた車両には、この制度は適用されません。

  1. リサイクル券 A・B券
  2. (車の購入時、車検時に、すでにリサイクル料を支払い済みの方の場合)
    ※リサイクル料金を未預託のまま廃車にすることはできません。

  3. 免許証等の身分証明書
  4. 実印(印鑑証明書と同じ印鑑)
  5. ※車の所有者がディーラーまたは信販会社になっている場合は所有権解除手続きが必要です。
    ディーラーや信販会社へ廃車する旨を連絡して所有権解除依頼をしてください。
    ※その他必要書類を用意する場合もあります。
自動車検査証と印鑑登録証明書の住所が違う場合は、以下のものも必要になります。
  1. 住所変更が一度あった場合:住民票
  2. 住所変更を複数回経た場合:戸籍の附表または住民票の除票
  3. 結婚などで姓が変わっている場合:戸籍謄本

トラックは普通車よりもたくさん走れる

一般的には、トラックはエンジンはもちろん、足回り、ボディーに至るまですべてが乗用車に比べて、耐久性に優れています。
そのため、総走行距離でも、30万〜40万kmは当たり前のように走れる車両です。
「走行距離100万キロ、10年以上」使用するなんてことも少なくなく、普通自動車よりも「優れている」という認識があります。
基本的に、トラックは普通自動車に比べて息の長い車なのです。

トラックの買い替えのタイミングは?

トラックの買い替えのタイミングでは、一体トラックはどの程度使用したら買い替えれば良いのでしょうか。
とはいえ、商売に欠かせないものではありますが、トラックは決して安い買い物ではありません。
しかも、買い替え時期の判断が難しいため、「まだ乗れるだろう」と、買い替えまでに至る決心がなかなかつかないものです。

もし普通自動車で走行距離が10万キロを超えたのであれば、大抵の方は「そろそろ廃車か・・・」と考えてもおかしくありませんが、先ほど書きましたとおり、トラックは「走行距離100万キロ、10年以上」使用しても当たり前のように走行できるので、余計に買い替え時期の判断に迷ってしまうのです。

トラックが、ここまで走行距離が長いのにはいくつかの理由が挙げられます。

一つ目には、トラックは商売で使用していることがほとんどであるため、メンテナンスを入念に行っていることが挙げられます。
この理由は、お客さんを乗せて走るため走行距離が長くなるタクシーやバスにも当てはまるかと思います。
メンテナンスによって、車両の寿命は延びるのです。

トラック買取専門業者に買取二つ目には、購入価格が普通車と比較しても高額であるということでしょう。
車両トラブルがあれば、走行距離にもよりますが、通常は修理費と新車両の購入代・下取り査定額を比較して、修理か買い替えかを検討しますが、トラックのような大型車両となれば、そう簡単に買い替える決断は出しにくいものです。
軽度の故障やトラブルの場合でしたら、修理した方が安くつきますし、毎日使っているトラックはメンテナスも欠かさないので、普通車に比べて「壊れにくい」ということもあるでしょう。

そうは言っても、何度か故障やトラブルを繰り返している15年以上使用している40万キロ走行のトラックでしたら、そろそろ買い替え時かもしれません。

トラックの買い替え時期について大体の目安を知っているだけで、長期スパンでの経費削減計画や、廃車の際にも高価買取に繋がってくるはずです。

もし今買い替えを考えていらっしゃるようであれば、今後どの程度・どのスパンで使用し、いつ頃買い替えるかも視野に入れて新車両を購入することをおすすめします。

また、トラックは廃車にせず、トラック買取専門業者に買取してもらうと思わぬ高額で売却できるものです。
見積もりは全国無料ですので、見積もりだけでもとってみることをおすすめします。

廃車にせずに、買取業者で高額買取してもらいましょう。

トラックは、廃車状態の場合でも、利用価値を見いだして高額買取してくれる業者があります。
通常、廃車にすると廃車費用がかかって無駄な料金を支払うことになりますよね。
しかし、トラック・重機・建機などの商用車の買取に特化した買取業者に査定を依頼することによって、数十万あるいはそれ以上の高額で買い取ってもらうことが可能です。
査定は、日本全国どこでも無料出張査定してくれます。
廃車を考えるその前に、トラック買取専門業者に買取査定の見積もり依頼をしてみましょう!

トラック買取業者ランキング


■関連記事
低年式や過走行のトラックが売れるワケ
大型トラックの買取と売却
驚くほどの高額で買い取ってくれる!
どんなトラックでも買取可能
トラック売却・高く売るために
ゼロといわれた車両でもインターネットで査定を
査定後の値下げは一切しません
車検切れしているトラックの買取
事故履歴があっても買取してもらえる?
優良な専門買取店選びのポイント

あなたのトラック・重機を確実に最高査定額で買取してもらう唯一の方法

いますぐ1分、概算価格も即査定!不動車でも買取OK!査定額が下がる前に!
中古車販売店で査定0円と言われたトラックも、一流業者が安心査定。
>>トラック買取・カンタン&無料の高額速攻査定!

ディーラーや買取店ではトラックは高く売れない2つの理由

トラック自体の相場というものは存在しないため、大手自動車買取専門店であっても、トラックの買取には消極的で、なかなか高値がつけられないのが実情です。
>>次の記事へ