HOME >> 低年式や多走行(過走行)のトラックが売れるワケ

低年式や多走行(過走行)のトラックが売れるワケ

あなたのトラック・重機を確実に最高査定額で買取してもらう唯一の方法

いますぐ1分、概算価格も即査定!不動車でも買取OK!査定額が下がる前に!
これが、買取ゼロ円のトラックをお金にする最高の方法です。
>>トラック買取・カンタン&無料の高額速攻査定!

廃車寸前のトラック(低年式、車検切れ、多走行、故障車、事故車)が売れるワケ

事故車のトラック低年式、車検切れ、多走行、故障車、事故車などの廃車寸前のトラックなど、どこも買取してくれるはずないと思っていませんか?

買ってもらえるどころか、逆にユーザーである自分が手数料を払ってまで、業者に引き取ってもらわないといけないと思っている人はたくさんいることでしょう。

実は、廃車寸前の状態のトラックであっても、
買取してくれる業者は日本中にたくさんあるのです。

廃車寸前のトラック=「お金にならない」「価値がない」「廃車しかない」 という考えは捨てて下さい。

廃車寸前のトラックが売れる理由とは

トラックの高額買取を実現させている最大の理由は売却先です。

専門業者が買取したトラックは、国内はもちろん海外に輸出する等、業者が独自の販売ルートを持っているのです。

日本のトラックの輸出アジア、アフリカ、パキスタン、ドバイ、ロシアといった海外では、ボロボロの壊れそうになった日本のトラックが元気に走っているのをメディアで見たことがある人は多いでしょう。

日本では一般的に100万〜150万キロメートル走れば買い替えあるいはフルオーバーホールと考えられてるくらいですから、外国で日本のおんぼろ車が何百キロも走り、大事に乗られているのは、日本人から見たらちょっと信じられない光景ですよね。

海外には、日本のような義務づけられた車検制度がありませんから、「日本で乗られていた」「MADE IN JAPANのトラック」というだけで、性能面や安全面、信頼の品質があると高く評価されています。

品質の良い日本のトラックは外国で大変人気があり、日本で使い古されて買い手のつかないようなボロボロのトラックでも海外に輸出されて高額で取引されています。

通常、年式が古い、多走行、内外装がボロボロ、こういったトラックは売却価値がないから、「廃車」と考えがちですが、タイムリーに海外からの需要がある場合には、びっくりするほどの高値で売却することも可能なのです。

日本のトラックのパーツたとえ、トラックのボディが錆びついていても、内部のパーツは十分使えるものが多く、それらのパーツ類を利用する価値もあります。

中古部品として使えないほど傷んだ部品の場合は、鉄クズとして中国などの海外に売られていたりします。

そういうわけで、日本のトラックというものは、捨てるところの無い、最後の最後までリサイクルできる大変価値のある車なのです。

これは、地球環境にとっては実にエコなことですよね。

あなたの所有しているトラックが、廃車寸前の車や故障車、多走行車であっても、トラック買取専門業者に査定してもらうと、意外な価値が見いだせるかもしれません。

また、自分でやると面倒な必要書類の手続きも買取業者に丸投げできるのでお手軽です。

オンラインの買取無料査定は最近、ユーザーが急増している傾向にあります。

お手軽にカンタンに査定してもらえますので、是非一度試してみられてはいかがでしょうか。

トラック買取業者ランキング


■関連記事
驚くほどの高額で買い取ってくれる!
どんなトラックでも買取可能
トラック売却・高く売るために
ゼロといわれた車両でもインターネットで査定を

あなたのトラック・重機を確実に最高査定額で買取してもらう唯一の方法

いますぐ1分、概算価格も即査定!不動車でも買取OK!査定額が下がる前に!
中古車販売店で査定0円と言われたトラックも、一流業者が安心査定。
>>トラック買取・カンタン&無料の高額速攻査定!

トラック専門買取専門業者を利用するメリット

自分の手で廃車にするとなると、手続きに手間がかかったり、時間も費用もかかります。 その他、ディーラーや解体業者、あるいは中古車販売店などの業者に廃車の代行手続きをしてもらうという選択もありますが、これにもまた費用がかかります。
>>次の記事へ